今月の珈琲

ケニア ガクユイニ AA

ヨーロッパ人が19世紀の後半に珈琲を紹介し、日向栽培の水冷式アラビカ珈琲を栽培しています。
およそ1000もの大規模プランテーションの殆どがナイロビ北部の標高1700〜1900mの火山性土壌の肥沃な赤土で育ち、天日乾燥され良質の味わいを醸し出しているのです。
深みの中に甘さが引き立つ味わいの深煎り珈琲をどうぞご賞味下さいませ。